行政書士試験勉強日記

3回目の試験に向けてコツコツやっていく日々をつづる日記です。

売買の効力

573条 代金の支払期限 売買の目的物の引渡しについて期限があるときは、代金の支払についても同一の期限を付したものと推定する。 574条 代金の支払場所 売買の目的物の引渡しと同時に代金を支払うべきときは、その引渡しの場所において支払わなければならな…

31条 事情裁決

第31条 特別による請求の棄却 (特別の事情による請求の棄却) 第三十一条 取消訴訟については、処分又は裁決が違法ではあるが、これを取り消すことにより公の利益に著しい障害を生ずる場合において、原告の受ける損害の程度、その損害の賠償又は防止の程度…

34条 第三者の再審・35条 訴訟費用

第34条 第三者の再審の訴え (第三者の再審の訴え) 第三十四条 処分又は裁決を取り消す判決により権利を害された第三者で、自己の責めに帰することができない理由により訴訟に参加することができなかつたため判決に影響を及ぼすべき攻撃又は防御の方法を提…

32条 第三者効・33条 拘束力

ここはしっかり理解して、暗記ですね。細かいけど、このあたりは、狙われやすいから十分に要注意なところです。 32条 取消判決の効力 (取消判決等の効力) 第三十二条 処分又は裁決を取り消す判決は、第三者に対しても効力を有する。 2 前項の規定は、執行…

行政指導の中止等

こんにちは、長い条文に入ると分けて覚える方が効果が高く、しかも長く続くと言えます。そして復習について、3日おきに復習するよりは、一日後、3日後、一週間後と言う間隔で復習する方が定着度が高いです。このやり方でやって行きます。暗記が苦手な方はぜ…

行政指導の方式

こんにちは、今日も行政指導の勉強を続きました。とても重要な分野ですね。条文を全部暗唱できるようにするのは目標の一つです。頑張るぞ。 35条 行政指導の方式 (行政指導の方式) 第三十五条 行政指導に携わる者は、その相手方に対して、当該行政指導の趣…

行政指導の一般原則等

今日は行政指導の条文を勉強しました。32条、33条、34条です。続きの条文は明日にします。最近は記憶法についていろいろな本や動画を見まくっていました。少しずつ呟きます。記憶は理解のよき助力者である。さて、また退屈な条文に戻ります。 第2条 定義 六 …

行政手続法 第2条 定義

今日は手続法の第2条定義について勉強しました。基礎としてとても重要な分野になります。アウトプットできるよう頑張ります。 第2条 定義 (定義) 第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。 一 法令 法律、…

行政手続法第1条 目的等

こんにちは、今日の勉強はわずかでしたが、記録をしときます。 第1条 目的等 (目的等) 第一条 この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性(…

客観訴訟(民衆訴訟・機関訴訟)

こんにちは、ヨンシーです。勉強した条文を一日何度でも繰り返して、定着したいです。そして、音読を軸とする素読や暗唱までできればなおいいですね。 第5条 民衆訴訟 (民衆訴訟) 第五条 この法律において「民衆訴訟」とは、国又は公共団体の機関の法規に…

当事者訴訟

こんにちは、ヨンシーです。今日は当事者訴訟の勉強をしました。今日できたことを淡々と記録をします。 www.youtube.com (当事者訴訟) 第四条 この法律において「当事者訴訟」とは、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令…

義務付け訴訟、差し止め訴訟、仮の義務付け・差止め

こんにちは、ヨンシーです。今日は義務付け訴訟と差止め訴訟に関する内容を独学しましたが、難しかったです。黒沢レオ先生の動画を見ながら図を作りました。印象が更に深くなりました。毎日少しずつ前に進みたいです。先生ありがとうございました。 ちなみに…

無効等確認訴訟

www.youtube.com www.youtube.com こんにちは、ヨンシーです。今日は黒沢レオ先生の動画を見ながら、苦手な36条 無効等確認の訴えの勉強をしました。先生ありがとうございました。 (無効等確認の訴えの原告適格) 第三十六条 無効等確認の訴えは、当該処分…

弁明の機会の付与

www.youtube.com (弁明の機会の付与の方式) 第二十九条 弁明は、行政庁が口頭ですることを認めたときを除き、弁明を記載した書面(以下「弁明書」という。)を提出してするものとする。 2 弁明をするときは、証拠書類等を提出することができる。 www.yout…

行政事件訴訟法 条文

www.youtube.com 第1章 総則 第1条 この法律の趣旨 第2条 行政事件訴訟 第3条 抗告訴訟 第4条 当事者訴訟 第5条 民衆訴訟 第6条 機関訴訟 第7条 この法律に定めがない事項 第2章 抗告訴訟 第1節 取消訴訟 第8条 処分の取消しの訴えと審査請求との関係 第9条 …

行政手続法 条文

第1章 総則 第1条 目的等 第2条 定義 第3条 適用除外 第4条 国の機関等に対する処分等の適用除外 第2章 申請に対する処分 第5条 審査基準 第6条 標準処理期間 第7条 申請に対する審査、応答 第8条 理由の提示 第9条 情報の提示 第10条 公聴会の開催等 第11…

第5条 審査基準

www.youtube.com (審査基準) 第五条 行政庁は、審査基準を定めるものとする。 2 行政庁は、審査基準を定めるに当たっては、許認可等の性質に照らしてできる限り具体的なものとしなければならない。 3 行政庁は、行政上特別の支障があるときを除き、法令…

保証債務

保 証 債 務 ◉ 主たる債務の履行がない場合に、債務者以外の者(保証人)が負担する主たる債務と同じ内容の給付を目的とする債務です。 ◉保証契約の成立: 債権者と保証人の間で締結され、 書面で契約をしなければなりません。 ◉性質 保証債務は、主たる債務…

多数当事者の債権及び債務

可 分 割 債権債務 ◉各人について平等に分割 ◉独立平等 ◉すべて相対的効力 ◉内部求償 不 可 分 割 債 権 ◉債権の目的が性質上不可分 ◉各債権者は、全ての債権者のために全部又は一部の履行を請求することができる。 債務者は、全ての債権者のために各債権者…

個人情報の保護に関する法律

個人情報取扱事業者が匿名加工情報を作成

個人情報の保護に関する法律

個人情報取扱事業者は保有個人データに関する事項

民法424、425条 詐欺行為取消権、行使の効果

|転得者に対する詐欺行為取消請求 原 告:債権者 被 告:受益者又は転得者 行 使:裁判上のみ、無質力必要、弁済期である必要はない 婚姻や離婚等の身分行為できない 離婚に伴う財産分与について、不相当に過大である場合できる 行使期間:債権者が取消原因…

債権の効力

|履行期と履行遅滞・受領遅滞・損害賠償・代償請求権

一般知識  個人情報の保護に関する法律

個人情報取扱事業者は第三者提供の制限

個人情報の保護に関する法律

個人情報取扱事業者の義務

一般知識

第一章 総則 (目的) 第一条 この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることに鑑み、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、…

地方自治法ー議会、執行機関

地方議会 議事 執行機関 長と議会の関係 監査委員

地方自治法ー条例及び規則

条例 制定事項 町村総会の設置 議会の議員の定数 議会の定例会の回数 議会の委員会の設置 地方公共団体の休日 公の施設の設置 指定管理者制度 法律 制定事項 議会の議員の任期 議会の議員の選挙権・被選挙権 地方公共団体の会計年度 行政委員会の設置 第十四…

地方自治法ー住民

選挙権 ・ 日本国民 ・ 18歳以上 ・ 3ヵ月以上その区域内に住所を有する 第十八条 日本国民たる年齢満十八年以上の者で引き続き三箇月以上市町村の区域内に住所を有するものは、別に法律の定めるところにより、その属する普通地方公共団体の議会の議員及び…

地方自治法

1. 目的 地方自治の本旨に基いて 基本的関係を確立す 民主的にして能率的な行政の確保を図る 地方公共団体の健全な発達を保障する 住民の福祉の増進を図る 行政を自主的かつ総合的に実施する 住民に身近な行政はできる限り地方公共団体にゆだねることを基本…

/*ページ上部へ戻るボタン*/