ヨンシーブログ

行政書士を目指して独学中

行政事件訴訟法

行政事件訴訟法ー執行不停止

1. 原則:執行不停止 2. 例外:申立てにより、 執行停止をすることができる ただし、処分の効力の停止は目的を達成する場合には することができない。 3. 裁判所は、重大な損害の性質の判断 4. 執行停止はすることができない場合 5. 口頭弁論を経…

行政事件訴訟法ー判決

却下判決 訴えが不適法でその不備を補正することができないときは、 裁判所は、口頭弁論を経ないで、 判決で、訴えを却下することができます。 棄却判決 裁判所は、原告の請求に理由がなく、 原告の求める法律関係が認められない場合には 請求を棄却する判決…

行政事件訴訟法ー取消訴訟の本案審理

訴訟要件が充足していると認められれば、裁判所は処分の取消を求める請求が妥当かどうかについての審理を行います。これを本案審理といいます。 22. (第三者の訴訟参加) 訴訟の結果により権力を害される第三者 申立てにより、職権で 当事者及び第三者の意…

行政事件訴訟法ー取消訴訟の要件審理

取消訴訟が提起されると、裁判所は、まず訴えが訴訟要件を充足しているかどうかを審理します。これを要件審理といいます。 もし訴訟要件を欠いている訴えである場合には却下の判決が下されます。 第二章 抗告訴訟 第一節 取消訴訟 8.(処分の取消しの訴え…

行政事件訴訟法

行政事件訴訟の種類 行政上の法律関係に争いがある場合における訴訟手続 ・行政処分等の適法・違法についての判断を行う ・行政庁の行った行政処分が妥当か否かについて対象外 ・ただし、第30条(裁量処分の取消し)範囲超え・濫用の場合取消しできる。 第三…