ヨンシーブログ

行政書士を目指して独学中

本気で行政書士資格目指す勉強中

f:id:yongshi:20200201170113j:plain

行政書士の資格試験合格を目指すきっかけ

 
平成30年に事務職に転職しました、外国人の私は、日本語の能力が不足していて、周りの人に迷惑をかけてばかりだと感じたので、思い切って日本語の勉強を7年ぶりに再開しました。(4年間は中国で、中国の司法試験の勉強をしていました。その後、3年間は日本で派遣社員として現場の仕事をしていました。)日々、仕事帰りに図書館へ通いつつ、忘れてしまっていた日本語の文法や、単語等を真剣にコツコツと勉強し直しました。毎日の勉強の積み重ねの結果、文章を理解できるようになってきて、法律の本も手に入れて読むようになりました。2019年2月に行政書士という仕事を知り、私はこれからの人生を懸けて、日本語の勉強をしながら、行政書士になると決心しました。
 

初めて行政書士の資格試験の勉強をした感想
 
資格試験のための勉強はそう上手くはいかなかったです。授業が聞き取れない、判例は多すぎて覚えられない、問題は抽象的で複雑で解けない。自分はどこまでやれるのかわかりませんでした・・・ただ、そのときはどんなに難しくても試験に挑戦したかったので、続けることができたのです。
仕事をしながら時間に追われながら勉強する大変さは言葉にならないほど辛かったです。
 

いよいよ行政書士合格発表日になります
 
令和2年1月29日にいよいよ行政書士試験の合格発表の日となりました。半年ほど勉強した結果は、とても残念なものでした。実は去年の10月、TACの模擬試験を受けてから、心が折れていました。模擬試験が難しくて、想うように点数が取れなかったからです。過去問を解いても130点〜150点しか取れませんでした。合格するには180点以上必要です。試験の2週間ぐらい前には、体調を崩してしまって、ずっと微熱があって、勉強が殆ど出来ませんでした。自分を褒めることがあるとすれば、それは、試験日に試験会場へ行って、最後まで試験を終えた事です。
 

令和2年の目標:行政書士資格試験に絶対合格する
  

今年こそ絶対に合格するぞ!私は目標を達成できる人です。この言葉を毎日何回も自分に言い聞かせています。

そして合格するにはどうすればよいのか、又、時間はどのように配分すればいいのか、色々と考えました。

答えは:

  • 合格するには続ける、続ける、続ける・・・とにかく続けることです。

  • 朝、目が覚めてからの3時間は脳のゴールデンタイムなので、毎朝4時に起きて、出社前に勉強をします。

  • 自分はできる、自分を信じている、・・等等、ポジティブな言葉を自分に聴かせます。