行政書士試験勉強日記

3回目の試験に向けてコツコツやっていく日々をつづる日記です。

当事者訴訟

f:id:yongshi:20201116155429p:plain

こんにちは、ヨンシーです。今日は当事者訴訟の勉強をしました。今日できたことを淡々と記録をします。

www.youtube.com

(当事者訴訟)
第四条 この法律において「当事者訴訟」とは、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの及び公法上の法律関係に関する確認の訴えその他の公法上の法律関係に関する訴訟をいう。
 
(出訴の通知)
第三十九条 当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で、法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするものが提起されたときは、裁判所は、当該処分又は裁決をした行政庁にその旨を通知するものとする。
 
(出訴期間の定めがある当事者訴訟)
第四十条 法令に出訴期間の定めがある当事者訴訟は、その法令に別段の定めがある場合を除き、正当な理由があるときは、その期間を経過した後であつても、これを提起することができる。
2 第十五条の規定は、法令に出訴期間の定めがある当事者訴訟について準用する。
 
(抗告訴訟に関する規定の準用)
第四十一条 第二十三条、第二十四条、第三十三条第一項及び第三十五条の規定は当事者訴訟について、第二十三条の二の規定は当事者訴訟における処分又は裁決の理由を明らかにする資料の提出について準用する。
2 第十三条の規定は、当事者訴訟とその目的たる請求と関連請求の関係にある請求に係る訴訟とが各別の裁判所に係属する場合における移送に、第十六条から第十九条までの規定は、これらの訴えの併合について準用する。

抗告訴訟に関する規定の準用

  • 23条 行政庁の訴訟参加
  • 24条 職権証拠調べ
  • 33条1項 判決の拘束力
  • 35条 訴訟費用の裁判の効力
  • 23条の2 釈明処分の特則

2 13条 関連請求に係る訴訟の移送の場合訴えの併合に準用

  • 16条 請求の客観的併合
  • 17条 共同訴訟
  • 18条 第三者による請求の追加的併合
  • 19条 原告による請求の追加の併合

 その他 民事訴訟により

記述の対応

www.youtube.com

/*ページ上部へ戻るボタン*/